雪印ビーンスターク社員まめおが行く! イクメンへの道!

2018.05.31

わが家の味方

こんにちは。

息子・まめたろうはお外でも歩くことができるようになりました。出産のお祝いにいただいた「おくつ」が大活躍しております♪

 

さて、前回は「保育室の洗礼」のおハナシをさせていただきました。相変わらず、鼻水や発熱とともに日々を過ごしている息子・まめたろう。今回はそんな息子を守ってくれるわが家の味方を紹介しちゃいます!

 

わが家の味方・・・それは、夜間や休日に往診してくれる救急ドクターです!まだまだ“親歴”わずか1年2か月の私まめおと嫁・まめこは、病院に連れて行くべきか、様子を見るべきかの判断に迷うことがあります。平日昼間であれば病院に連れて行くのですが、夜間や休日となればハナシは別!かなり悩んでしまいます。そんなとき、わが家では救急ドクターの往診をお願いするのです!

 

ある日のことです。熱が38度を超えたため、保育室より嫁・まめこへお迎え要請コールが入りました。すぐに自宅に連れて帰るも、息子・まめたろうは元気いっぱい。熱を測ると38度を超えているのですが、笑う・動く・食べる・・・といつもと変わりがないため、そのまま様子を見ることにしました。

 

すると20時半過ぎたあたりから熱が上昇・・・なんと39度に!しかし、当の本人はやはりいつも通り。えっ、何?どういうこと?とあたふたしつつも、息子・まめたろうが元気なため、病院に連れて行くべきかどうかも分からない(いつもと様子が違えば即病院行きなのですが・・・)。

ikumen01

こんなときに登場するのがわが家の味方『救急ドクター』なのです!

 

その日はドクターにお薬を処方していただき、無事解熱したことで一安心。ホッと胸をなでおろすことができました。救急ドクターさまさまです!しかも、乳幼児助成制度により診察料は無料で、交通費が1,400円かかるのみ。息子のこと思えば安いものです!

 

とまぁこのように、わが家では救急ドクターをとても頼りにしているのです。

 

ちなみに上記の日、私まめおは仕事だった為、嫁・まめことLINEでやりとりをしていました。熱はあるが元気ということで安心した私は先輩に誘われるがままに飲み会へ(もちろん嫁・まめこ承認済み)。そして肝心の20時過ぎ・・・私は良い気分になっており、携帯を確認していませんでした。確認したのは帰りの電車の中・・・既に救急ドクターに来てもらい解熱したあとでした。

 

そう、つまり今回のハナシはほぼ嫁・まめこの話なのです。この日まめこに白い目で見られることは無かったのですが、イケてるイクメンを目指す私・まめおとしては大ダメージを負うこととなってしまいました。

tenparu

あぁ、あまりにも大きなダメージ。

頼りの救急ドクターもこのダメージは治してくれないだろうなぁ・・・

うん、次は気をつけよう。

  • 19288
  • 0
  • 2415
waai ikumen tenparu

※「いいね」「イマイチ・・」「シェア」ボタンはまめおのモチベーション維持のために付けております。
実際に押しても「いいね」「シェア」はできません。