+++ 母乳研究 +++

歴史

弊社は、雪印乳業時代から約60年以上にわたり母乳研究を継続しています。
1960年の日本で初めて実施した全国規模の母乳調査から、2015年より開始した第3回母乳調査まで歴史をご紹介します。

1950年代
1951
雪印乳業・初の粉ミルク「ビタミルク」誕生
1960年代
1960

第1回全国母乳調査を実施

日本初の全国規模で母乳調査を実施

619名の母乳成分を26項目にわたり分析

1966

第1回の母乳調査の成果を生かし、たんぱく質

ミネラル、ビタミンを調整した粉ミルクを開発

1980年代
1960年代
1982
腸内環境を整える母乳オリゴ糖を研究し、粉ミルクへ配合
1984

脳や視力の発達に重要な成分であるタウリンを研究し、粉ミルクへ配合

現在では世界標準に

1989

第2回全国母乳調査世界最大規模

全国から2,434名、2,727検体の母乳成分を約180項目について分析

1990年代
1990
赤ちゃんを病気から守る成分であるシアル酸を研究し、粉ミルクへ配合
1995

母乳成分と乳児のアレルギー症状の関係を研究し、アレルギーの追跡調査を実施

1996

母乳と赤ちゃんのうんちに関する研究を開始

赤ちゃんの成長に大切な成分ヌクレオチド、脳や神経の発達に重要なDHAを研究し、粉ミルクへ配合

1998
赤ちゃんを病気から守る成分であるガングリオシドを研究し、粉ミルクへ配合
1999
全国2,400名の赤ちゃんの食生活に関する調査を開始
2000年代
2001

妊産婦の食生活に関する調査を開始

妊娠期と授乳期の栄養摂取状況と不足する栄養素を調査

2002
医薬品の「大塚製薬」と母乳研究のパイオニア「雪印乳業」から「ビーンスターク・スノー」誕生
2003
母乳のアレルギー防御因子であるリボ核酸ポリアミンを研究し、粉ミルクへ配合
2008

母乳成分の日内変動に関する研究を開始

2010年代
2010年代
2012
母乳に移行する食事成分の研究を開始
2013
母乳に学んだ「すこやかM1」を発売

※赤字は免疫成分です。

2015

第3回母乳調査を開始

2016
「雪印ビーンスターク」へ社名を変更

60年にわたる母乳研究で見出された成分

60年にわたる母乳研究でたくさんの成分が見出されました。

リボ核酸
ラクトフェリン
ポリアミン
シアル酸
α-ラクト
アルブミン
ガングリオシド
DHA
TGF-β
母乳
オリゴ糖

商品への応用

研究で見出された成分は現在の雪印ビーンスタークの商品に多く活用されています。

乳児用粉ミルク


1990年 シアル酸配合
1990年

シアル酸配合

1992年 αLa強化 シアル酸増量
1992年

αLa強化

シアル酸増量

1995年 ヌクレオチド配合 DHA配合 βカロテン配合
1995年

ヌクレオチド配合

DHA配合

βカロテン配合

1998年 ガングリオシド配合 シアル酸増強
1998年

ガングリオシド配合

シアル酸増強

2003年 リボ核酸 ポリアミン配合
2003年

リボ核酸

ポリアミン配合

2009年 イノシトール配合
2009年

イノシトール配合

2013年 母乳オリゴ糖増量 スフィンゴミエリン配合 セレン配合
2013年

母乳オリゴ糖増量

スフィンゴミエリン配合

セレン配合

お母さん用サプリメント


2011年 DHA
2011年

DHA

2015年 乳酸菌
2015年

乳酸菌