杉山愛さん&栄養士さん すこやかM1育児座談会

エピソード一覧

何を信じればいいの?再開
何を食べればいいの?母乳は甘かった!
すこやかM1-宣言夫婦つわり
3人目栄養士を探して
ママになれない">憧れの母乳育児
1歳の卒業式妊婦のトランクス?
パパになれない専属栄養士
安心してください大きくなりましたよ!
涙がポロリ母から娘へ

何を信じればいいの?

本当に世の中には妊娠や育児の情報があふれていますよね。どの情報を信じるかは、調べた側にゆだねられているので、不安になってしまうこともあると思います。そこで栄養士の皆さんのようなプロフェッショナルに「それでいいのよ」って言ってもらったら、本当に気が楽になれると思うのです。

再会

素敵な再会ですね。お母さんにとっては、本当に不安ばかりの時期だったから、教えてくださった時の栄養士さんがありがたくって、忘れられないのでしょうね。

何を食べればいいの?

妊婦さんの後押しをするってすごく重要な仕事ですよね。「大丈夫よ、これでいいのよ」というひとことは本当に心強いと思います。妊婦はただでさえ不安になりやすいし、体重の増え方も個人差があるので気にしたらキリがなくなってしまいます。友人の話によれば、体重コントロールに厳しいストイックな産科の先生もいらっしゃるそうですが、それでは妊婦さんがストレスを抱えてしまいますよね。私の先生はイージーゴーイングで「いいよ、いいよ」と言ってくれる先生だったので、とても助けられました。

母乳は甘かった

談話室の皆さん、その状況を想像したくないと思って微妙な空気になってしまったんでしょうか(笑)。でもそのパパの気持ちもわかります。やっぱり母乳の味に興味津々になりますよね。私の主人も味見したいと言うので、指先に母乳をチョコンとつけてあげたことがありますから。

すこやかM1宣言

私もその保育士さんに共感です。私も息子を『すこやかM1』で育てている真っ最中で、毎日元気にゴクゴクと飲んでくれています。以前は「プヨプヨするのかな?」と懸念していたのですが、実際はシュッとしたスマートなスタイルをしているんですよね。『すこやかM1』には感謝です。

夫婦つわり

なんてやさしいパパなんでしょう!そのやさしさにウルッときてしまいました。

3人目?

私も産後3か月の時はまだお腹が戻らずポッコリしていましたね。母乳をあげるとびっくりするくらいお腹がすいて、よく食べていましたから。産後4か月で仕事に復帰するので、最後の1か月はがんばってストンと体重を戻して、なんとか間に合いました。
座談会ダイジェストムービー

栄養士を探して?

いやあ、よかった!本当に素晴らしい。ママはかなり不安だったんでしょうね。その気持ちに寄り添ってもらい不安を解消してくれたこと、きっと今も感謝されていることでしょう。栄養士の皆さんがステキなお仕事をされていることを知ることができました。これからもママたち、赤ちゃんたちのためにがんばってほしいと思います。

ママになれない

振り返ると、私にも同じような時期がありました。こんなかわいい子を私がきちんと育てられるかな?と思ったり、さっきまでニコニコしていたのに急に泣き出した赤ちゃんが何を考えているのか分からなくて不安になったこともありました。ママになった誰もが通る道ですよね。ひとりで子育てを背負わずに、専門家やママ友やママの先輩に聞いたり頼ったりすることは本当に大事だと思います。

憧れの母乳育児

食事にも個人差がありますから、そういったフレキシブルな指導は素晴らしいですね。私も決まった時間に食事を摂るのがむずかしい仕事ですし、お弁当や外食も多くなりやすいので、1日トータルで栄養のバランスを摂るようにしたり、食べ過ぎた翌日は抑えめにしたりと、あまりストイックになりすぎないようにしています。そのプレッシャーからくるストレスのほうが良くないと思いますから。

1歳の卒業式

素敵なお話をありがとうございます。心がほっこりしました。栄養士の皆さんがどれだけ素晴らしいお仕事をされているかが伝わってきました。皆さんに救われたママが、これまでにたくさんいらっしゃるのでしょうね。

妊婦のトランクス

妊娠後期になると、急にお腹が大きくなりますよね。日に日に大きくなってる?と思ったことが私にもありました。

パパになれない

これはこのエピソードのパパに喝!を贈りたいと思います。やっぱりシャイなパパは多いですよね。でもパパからの「ありがとう」でママは本当にがんばれちゃうんです。勇気を出して、ぜひ声にして伝えてほしい、そういう意味で「パパに喝!」です。

専属栄養士

相談されたママの気持ち、よくわかります。だって私も何もかも初めてで不安でしたもん。特に生まれたての赤ちゃんは壊れてしまいそうに柔らかなのに、抱き方ひとつから「これでいいの?」と不安になりました。そんな時に「これで大丈夫よ」と言われたら、どれだけ心強いことか。そういった相談できる先があることを、たくさんのママに知ってほしいですね。

安心してください大きくなりましたよ!

最後のママの笑顔に私も笑顔になりました。ママの心配に寄り添って、親身に相談を聞かれていたんですよね。栄養士さんって尊い仕事だと思いました。

涙がポロリ

そのママの気持ちを思うと泣けてしまいます。やはり完全母乳を望んでいたのにあまり母乳が出なかったショックは大きいはずです。でも赤ちゃんを第一に考えて、赤ちゃんにとってベストな選択をしたのですね。私は逆で、実母が母乳の出が悪かったから私も出ないかもしれない、その時はミルクに助けてもらおうと思っていたので、そのプレッシャーがなかったんです。ビーンスタークの「すこやかM1」は栄養が整っていて本当に母乳に近いから安心して赤ちゃんにあげられることを知れば、安心されるママも多いのではないでしょうか。

母から娘へ

本当に素敵なお話です。山田さんが長く栄養士を続けてこられたからこそ出合えたエピソードだと思います。